2013-12-20 16:58 | カテゴリ:プレス機
菌糸詰めの際、ボトルの最大口径とプレス部のRが同じであれば詰めやすいのではと思い試作してみる事にしました。

無題_R

赤い線がボトルの最大内径で、プレス部のRとほぼ同じラインになります。
緑の線が最大口径です。(図ではあえてボトル口径をずらして、プレス部が口径内に入ることを示してます)


プレス部のR面がボトルの内径に合うようにするとボトル内に入りませんが、一部だけが合うようにすればボトル内に入れる事が出来ます。

口径より小さくて、プレス面積を最大近くにし効率の良い形状にしてみます。

詰め方は、ボトルのほぼ中央にプレス部のセンターが来ますので、ボトルを回しながら詰めれると思います。

これにより、菌糸ボトル側面を綺麗にプレス出来、プレス回数も減らせると思ってます。

制作は前回記事の穴開けプレートと一緒に460さんにお願いしてます。

460さんのプログ





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://dorcus2012.blog.fc2.com/tb.php/25-55ebfdf4