2014-06-19 10:32 | カテゴリ:2013飼育記
巷ではYGや奈良輪血統で特大個体が連発されてますねぇ!

今では88mmを超えてくる時代となってますが、久留米は厳しい状況です。

昨年は久留米オンリーで380頭程頑張りましたが、思うような結果は出てません

それでも、恥ずかしいですが九州久留米党員として羽化報告はキッチリとさせて頂きます。

とりあえず、1番ラインより84mmを超えた個体だけを順次ご紹介して行きます。


羽化後、時期的に少し早いと思いますが


種親
自ブリ   2011-1A        84.5mm
shimaさん H23-8 (857同腹) 53.5mm



5/ 29 S4 800
8/21 S3M 1400 24.5g
10/25 S4 1400 32.2g  
12/28 S4B 1500 33.3g
 6/6   羽化  蛹体重  24.9g 
サイズ 現状 85.0mm  頭幅 28.7mm

1番 848

種♂の形状に良く似た感じですが、左の顎先の角度がもう少しって感じです
♂のゴツイ感じを少しだけ♀側の血で薄めていい感じに出てくれました。
顎も少し長めになってくれましたし、ディンプルも少なく綺麗な個体です。




最終計測は1月ほど経って再計測後に発表します。







管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://dorcus2012.blog.fc2.com/tb.php/43-7289ebe4